バナー

警備業界は新卒採用での人員募集に力を入れている

一昔前に比べて新卒採用での新人募集を積極的に行なっている業界が知りたいと考えている、現在就職活動中の学生さんは大勢いらっしゃるでしょう。

近年新卒採用枠を拡大して、若い人材の募集に力を入れている業界のひとつとして挙げられるのが警備業界だと言えます。



新卒採用で就職するにしても採用される可能性の高い業界に絞込みをかけて面接などを受けたいと考慮しているなら、警備業界を選んでおけば無難だということなのです。

東京オリンピックの開催が決定しており、外国人観光客の訪日がここ数年で爆発的に増えた現在の日本では、様々な企業や自治体から警備の需要が出てきており、今後警備に対する需要は更に高まるとされています。



そのような理由から警備会社の大半が新卒採用枠や中途採用枠を拡大して人材の確保に動いており、特に若くて現場での警備作業に適している新卒者確保に躍起になっているといった特徴があります。



DYMでは質とスピードの両方を満たせるよう日々研鑽しています。
つまり警備業界への就職は、5年前や10年前に比べて行いやすくなっているのです。

他社の役員クラスの方とつながりをもてるのもベンチャーならでは。
DYMでもそうした場面がたくさんあります。

警備会社での仕事というと体力勝負な部分がありそうなので、体力が乏しいからは採用されないのではないかと思われがちですが、事務担当やオペレーターなどのデスクワーク希望者も警備会社では随時募集しています。


こちらも新卒採用枠が数年前に比べると拡大していますので、一般的な会社員と同じような仕事を望んでいる方の就職先としても、警備会社はおすすめだと言えるでしょう。


つまり警備業界への就職は、5年前や10年前に比べて行いやすくなっているのです。

警備会社での仕事というと体力勝負な部分がありそうなので、体力が乏しいからは採用されないのではないかと思われがちですが、事務担当やオペレーターなどのデスクワーク希望者も警備会社では随時募集しています。

こちらも新卒採用枠が数年前に比べると拡大していますので、一般的な会社員と同じような仕事を望んでいる方の就職先としても、警備会社はおすすめだと言えるでしょう。